タイトルイメージ
最終更新日:2022年9月28日
NEW TOPICS:『経営行動研究年報』第32号、論文投稿募集(10/28締切)
第48回中部部会(12/10)開催。報告者募集中(10/23締切)


経営行動研究学会の紹介動画が公開されました

経営行動研究学会のご案内
 経営行動研究学会は1991年に発足して以来、現在では会員数400名余りとなり、年次大会のほか、研究部会(年4回)、中部部会(年2回)、関西部会(年1回)、九州部会(年1回)が開催されています。
 個人会員の多くは大学、研究機関などの研究者、大学院生のほか、企業などに所属する研究者も含まれております。経営行動に対して経営学、会計学、経済学、など多様な関連領域から接近できるユニークな学会であります。
 学会の国際交流は、日中企業管理シンポジウムが中国企業連合会・中国企業家協会との連携のもとに日本と中国で交互に開催され、またモンゴル経済ビジネス連合との連携のもとで、日本・モンゴル国際シンポジウムが開かれ、それぞれ参加者と多くの大きな成果をあげています。このほかヨーロッパ企業経営研究会の開催など活発に内容の充実した交流が行われています。
 なお経営行動研究学会は日本学術会議、日本経済学会連合、経営関連学会協議会に登録、加盟している学会であります。定期刊行物として機関誌“News Letter”(年3回発行)のほか『経営行動研究年報』(年1回)が発行されています。
 経営行動の研究に関心をもつ研究者の入会を歓迎しております。

経営行動研究学会 会長 三戸 浩

お知らせ

【論文投稿募集】
・『経営行動研究年報』第32号の論文投稿を募集しています(10月28日締切)。
 『経営行動研究年報』第32号募集案内
 『経営行動研究年報』編集・投稿規約


【部会告者募集】
研究委員会では、各研究部会での報告者を募集しております。自薦、他薦を問いませんので、必要事項を記入の上、FAX、又はe-mailでご応募下さい。
 詳細はこちらをご覧ください。

・2022年12月10日(土)(対面ならびにリモート)にて開催される第48回中部部会の開催案内(ご案内、報告申込)を掲載いたしました。奮ってご参加下さい。
 案内についてはこちらをご覧ください。
 報告の申込みはこちらからダウンロードください。(10月23日(日)締切)


【部会・大会等のお知らせ】
・2022年9月15日(木)、16日(金)北海学園大学(※オンライン)にて開催される第32回全国大会の開催案内(ご案内および大会プログラム)を掲載いたしました。
 案内についてはこちらをご覧ください。
 プログラムについてはこちらをご覧ください。

・2022年9月15日(木)、16日(金)北海学園大学(※オンライン)にて第32回全国大会を開催します。申し込み方法、プログラム等は近日中に会員宛に送付いたします。

・2022年7月9日(土) オンラインにて開催される第121回研究部会の開催案内を掲載いたしました。奮ってご参加ください。
 詳細はこちらをご覧ください。

・2022年6月19日(日) 経営関連学会協議会 第16回公開講演会のお知らせ
 詳細はこちらをご覧ください。

・2022年5月21日(土) 対面・オンライン併用にて開催される第47回中部部会の開催案内を掲載いたしました。奮ってご参加ください。
 詳細はこちらをご覧ください。

・2022年4月30日(土) オンラインにて開催される第120回研究部会の開催案内を掲載いたしました。奮ってご参加ください。
 詳細はこちらをご覧ください。

・2022年3月12日(土) オンラインにて開催される第5回関西部会の開催案内を掲載いたしました。奮ってご参加ください。
 詳細はこちらをご覧ください。

・2022年3月5日(土) オンラインにて開催される第23回九州部会の開催案内を掲載いたしました。なお、今回は、経営学史学会・経営行動研究学会・経営哲学学会の三部会合同の九州部会となっております。奮ってご参加ください。
 詳細はこちらをご覧ください。

・2021年12月11日(土) オンラインにて開催される第119回研究部会の開催案内を掲載いたしました。奮ってご参加ください。
 詳細はこちらをご覧ください。

・2021年10月17日(土) 経営関連学会協議会 第14回公開シンポジウムのお知らせ
 詳細はこちらをご覧ください。

・2021年9月11日(土)、12日(日)東洋大学(※オンライン)にて開催される第31回全国大会の開催案内(ご案内および大会プログラム)を掲載いたしました。
 案内についてはこちらをご覧ください。
 プログラムについてはこちらをご覧ください。






 当ホームページの文章の引用・転載を禁止します。
 当ホームページの著作権は経営行動研究学会に帰属します。
 Copyright(C) Japan Academy of Management. All Rights Reserved.